Skip to content

これはヤメて!!自己流の方法

Pocket

 昔の家庭では、子供たちが親の肩たたきをしている風景をよく目にしたものです。
肩たたき券なんか懐かしいですよね。肩こり解消のために、色々と方法もありますが、
いわゆる自己流の肩こり解消法が、あまり肩こり解消になっていないことが多いことはご存知でしょうか。
そこで今回は、やめて欲しい自己流マッサージと簡単にできるストレッチをご覧頂きたいと思います。

◆これはやめて!自己流マッサージ
「揉む、押す、叩く」普段からやっているマッサージが逆に筋肉を緊張させています。
むやみに強く揉んだり、押したり、叩いたりして筋肉をほぐそうとするのは、症状や方法によって痛みが取れる場合もありますが、逆効果の場合が多いので今すぐ止めることをおすすめします。
◇自己流がダメなワケ
凝った筋肉というのは、筋肉の緊張により充血していたり、血流が悪くなっている状態。
それを、無理やり押したり揉んだり叩いたりすると内出血を起こしてしまいます。
この内出血が痛みや腫れ、発熱などを引き起こすのです。
他にも、自律神経が乱れたり心身共に良くない症状が現れる恐れがありますので、自己流のマッサージは止めて軽いストレッチ程度にしておきましょう。

◆そこで、いますぐ出来る簡単ストレッチ
毎日続けられる簡単ストレッチです。いくつか見てみましょう。
➀肘ひっぱりストレッチ
 1. 脚を肩幅に広げて立ちます
2. 片方の肘を耳の後ろで曲げ、反対の手で肘を引っ張ります
3. 息を吐きながら肘を引き、3回の呼吸でだんだんと引っ張る力を強めます
4. 最後は手が少ししびれるぐらいがいいです
5. 左右交互に3回ずつ行いましょう
➁腕回しストレッチ
1. 両腕を外側に引っ張られている意識で大きく回します
2. 肩の筋肉と肩甲骨の筋肉がはがれるイメージをするといいでしょう
3. ゆっくりとした動作で、前回し後ろ回しを3回ずつ行います


ご覧頂いた通り、良いと思っていても逆効果なので、自己流で強めのマッサージは絶対にやめておきましょう。